bottle+uWSGI+python3+nginxでアプリを動かす

  • 24 Feb 2015

最近bottleに興味持っていまして、今回はbottle、uWSGI、nginx、Python3の構成でアプリを動かしてみたのでそのメモを残しておきます。

実行環境

  • Ubuntu 14.2
  • Python 3.4
  • uWSGI
  • Nginx

手間なのでvirtualenvは利用せずに設定します。
なおサーバー環境はvagrantでまっさらなところから作っていきます。

環境構築

さくっと作ります。

vagrantでVM構築

ご存じのvagrant。既に環境がある方は読み飛ばしてください。

$ vagrant init ubuntu14
....
....
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

$ vagrant up
....
....
==> default: Checking for guest additions in VM...
==> default: Mounting shared folders...
    default: /vagrant => xxx/xxx/xxx/uwsgi

$ vagrant ssh

Python3、uWSGIのインストール

念のため現在のバージョン確認。

$ python -V
Python 2.7.6

Python3のインストール。

$ sudo apt-get install python3

distribute(easy_install) -> pip の順にインストール。

# 最新のdistributeはこちらで確認してください。
# https://pypi.python.org/pypi/distribute
$ wget https://pypi.python.org/packages/source/d/distribute/distribute-0.7.3.zip

# zip解凍のためにunzipインストール
$ sudo apt-get install unzip

# distributeを解凍してインストール
$ unzip distribute-0.7.3.zip
$ cd distribute-0.7.3/
$ sudo python3 setup.py install

# インストールされたeasy_installでもってpipをインストール
$ sudo easy_install pip

これでpipが使えます。
このままuWSGIをインストールしましょう。

#uWSGIインストールに必要なpython3-devをインストール
$ sudo apt-get install python3-dev

#uWSGIをインストール
$ sudo pip install uwsgi

Nginxのインストール

Nginxはさくっと。

$ sudo apt-get intall nginx
$ sudo service nginx start

これで環境構築は完了です。

bottleで簡単なアプリを組む

次にbottleでサンプルアプリを組みます。 まずはbottleをインストール。

$ sudo pip install bottle

次にbottleを利用して簡単なアプリを組みます。

$ cd ~
$ mkdir myapps
$ cd myappps
$ vim index.py

index.pyの中身

#!/usr/bin/env python
# -*- coding:utf-8 -*-

from bottle import route, run, default_app

@route('/')
def hello():
    return 'Hello World!'

if __name__ == '__main__':
    # コマンドから"python3 index.py"で起動した場合
    run(host='localhost', port=3030)
else:
    # uWSGIから起動した場合
    application = default_app()

bottleのサーバー立ち上げて、wgetでアクセスしてみます。

$ nohup python3 index.py > out.log &
$ wget http://localhost:3030/
$ less index.html
> Hello World!

問題なければプロセスkillしておきましょう。

各種設定

NginxやuWSGIなどの設定を行います。
適宜実環境に置き換えて考えてください。

hosts書き換え

ローカルで確認しやすいようhostsを書き換えます。

$ sudo vim /etc/hosts

127.0.0.1 myapps.comを追記して閉じます。以下のような感じ。

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 myapps.com    # 追記

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
::1 ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0 ip6-localnet
ff00::0 ip6-mcastprefix
ff02::1 ip6-allnodes
ff02::2 ip6-allrouters
ff02::3 ip6-allhosts

pingで念のため確認します。

$ ping myapps.com
PING myapps.com (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.026 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.053 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=3 ttl=64 time=0.036 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=4 ttl=64 time=0.066 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=5 ttl=64 time=0.105 ms

OKですね。

Nginxの設定

Virtualhostの設定ファイルを作成します。

$ sudo vim /etc/nginx/sites-available/myapps.com

myapps.com

server {
    listen       80;
    server_name  myapps.com;
    access_log   /var/log/nginx/myapps.com.access.log;

    location / {
        include     uwsgi_params;
        uwsgi_pass  unix:/var/run/uwsgi/myapps.com.sock;
    }
}

sites-enabledにエイリアス置きます。

$ sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/myapps.com /etc/nginx/sites-enabled/

socket置く場所の確保

$ sudo mkdir /var/run/uwsgi/
$ sudo chown www-data:www-data /var/run/uwsgi/

これでNginx周りの設定は完了。

uWSGIの設定

uWSGIの起動時設定ファイルを用意します。

$ cd ~
$ cd myapps
$ vim uwsgi.ini

uwsgi.ini

[uwsgi]
socket       = /var/run/uwsgi/myapps.com.sock
pidfile      = /var/run/uwsgi/myapps.com.pid
daemonize    = /var/log/uwsgi/myapps.com.log
chdir        = /home/vagrant/myapps/
master       = 1
file         = index.py
chmod-socket = 666
uid          = www-data
gid          = www-data

ログの保存先確保。

$ sudo mkdir /var/log/uwsgi
$ sudo chown www-data:www-data /var/log/uwsgi

起動

以下のとおりです。

$ sudo uwsgi uwsgi.ini
> [uWSGI] getting INI configuration from uwsgi.ini

起動確認。

$ wget http://myapps.com/
$ less index.html
> Hello World!

停止

PIDファイル作ってあるので、それを呼び出してquitするだけです。

sudo kill -QUIT `cat /var/run/uwsgi/myapps.com.pid`

以上です。

参考