VM上でVirtualenv+Pyramidを構築してみる

  • 17 Aug 2014

以前から利用したいと思っていたPyramidを、VM上で構築したのでそのメモ。Virtualenv内での環境構築の仕方になれていれば特に難しいことは無いと思います。初めてVirtualenvを利用する方には少しはまるかなぁ…。Vagrant経由でやったら非常に楽に感じますね。

環境

環境は以下の通りです。Vagrantはなくても本来的には差支えないですが、本稿ではVagrantを利用する前提で進めます。

ホスト側

  • Windows 8.1
  • VirtualBox 4.3
  • Vagrant 1.6

VM側

  • Ubuntu 13.04
  • Python 2.7

まずはVagrantをinit

Vagrantfileを保存したいディレクトリでvagrant initvagrant upします。 initするときは事前にaddしてあるboxを指定してください。私の場合は、以前addしたubuntu13のboxを指定してます。

$ vagrant init ubuntu13

# でもってSSH
$ vagrant ssh

virtualenvのインストール

試しにenvという環境を構築します。発行コマンドは以下(テンプレ的ですが)。

# setuptoolのインストールスクリプトをDL
$ wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py

# setuptoolをインストール
$ sudo python ez_setup.py

# virtualenvをインストール
$ sudo easy_install virtualenv

# virtualenvの環境構築
$ sudo virtualenv --no-site-packages env

virtualenv内でPyramid環境構築

出来上がったvirtualenv内でPyramidをインストールします。

$ cd env
$ bin/easy_install pyramid

注意したいのは、実行するeasy_installは飽くまでvirtualenv内にインストールしたeasy_installという点です。ここで誤ってeasy_install pyramidとするとグローバルな環境にPyramidがインストールされてしまい、他の環境へ干渉してしまいます。

実行すると以下のメッセージが出ます。

Searching for pyramid
Reading https://pypi.python.org/simple/pyramid/
Best match: pyramid 1.5.1
Downloading https://pypi.python.org/packages/source/p/pyramid/pyramid-1.5.1.tar.gz#md5=8a1ab3b773d8e22437828f7df22852c1
Processing pyramid-1.5.1.tar.gz
Writing /tmp/easy_install-kqIOmK/pyramid-1.5.1/setup.cfg
Running pyramid-1.5.1/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-kqIOmK/pyramid-1.5.1/egg-dist-tmp-hGqkdb
Adding pyramid 1.5.1 to easy-install.pth file
Installing ptweens script to /home/vagrant/env/bin
Installing pdistreport script to /home/vagrant/env/bin
Installing proutes script to /home/vagrant/env/bin
Installing pshell script to /home/vagrant/env/bin
Installing prequest script to /home/vagrant/env/bin
Installing pviews script to /home/vagrant/env/bin
Installing pcreate script to /home/vagrant/env/bin
Installing pserve script to /home/vagrant/env/bin
Installed /home/vagrant/env/lib/python2.7/site-packages/pyramid-1.5.1-py2.7.egg
(中略)
no previously-included directories found matching '*.pyc'
no previously-included directories found matching '*.pyo'
Adding WebOb 1.4 to easy-install.pth file

Installed /home/vagrant/env/lib/python2.7/site-packages/WebOb-1.4-py2.7.egg
Finished processing dependencies for pyramid

プロジェクトの作成

Pyramidをインストールしたらプロジェクトを作成します。ここではmy-projectというプロジェクトを作成します。

$ bin/pcreate -s alchemy my-project
$ cd my-projects
$ sudo ../bin/python setup.py develop

誤ってpython setup.py developとしないよう気を付けてください。そうすると(先ほどのPyramidインストール時でも述べましたが)virtualenv内のpythonではなくて、その外のpythonによってスクリプトが実行され、グローバルな環境の扱いになります。

ちなみに正しく実行すると以下のようなメッセージが出ます。

Running SQLAlchemy-0.9.7/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-D4U7Go/SQLAlchemy-0.9.7/egg-dist-tmp-Erulc6
warning: no files found matching '*.jpg' under directory 'doc'
warning: no files found matching 'distribute_setup.py'
warning: no files found matching 'sa2to3.py'
warning: no files found matching 'ez_setup.py'
no previously-included directories found matching 'doc/build/output'
lib/sqlalchemy/cextension/processors.c:10:20: fatal error: Python.h: No such file or directory
(中略)
Using /usr/local/lib/python2.7/dist-packages/setuptools-0.6c11-py2.7.egg
Searching for zope.interface==4.0.5
Best match: zope.interface 4.0.5
Adding zope.interface 4.0.5 to easy-install.pth file
Using /usr/lib/python2.7/dist-packages
Finished processing dependencies for my-project==0.0

warningは対応しなくても大丈夫です。

DB初期化

今回、そこまで設定してないけど初期化しないとエラーになるので。

../bin/initialize_my-project_db  development.ini

もしここで

../bin/initialize_my-project_db: No such file or directory

と出てしまったら、プロジェクト作成の時にsudo ../bin/python setup.py developsudo /python setup.py developとしていないか確認してください。

サーバー立ち上げ

../bin/pserve development.ini --reload

実行メッセージ

Starting subprocess with file monitor
Starting server in PID 2663.
serving on http://0.0.0.0:6543

よくある間違い

Pyramidのプロジェクトを作成するときに

$ ../bin/python setup.py develop 

ではなくて

$ sudo python setup.py develop

とすると ../bin/pserve development.iniしたときに以下のエラーが出ます。

  File "/home/vagrant/env/local/lib/python2.7/site-packages/pkg_resources.py", line 742, in require
    needed = self.resolve(parse_requirements(requirements))
  File "/home/vagrant/env/local/lib/python2.7/site-packages/pkg_resources.py", line 639, in resolve
    raise DistributionNotFound(req)
pkg_resources.DistributionNotFound: my-project

もしくは以下のようなエラー。

  File "/home/vagrant/env/local/lib/python2.7/site-packages/pkg_resources.py", line 742, in require
    needed = self.resolve(parse_requirements(requirements))
  File "/home/vagrant/env/local/lib/python2.7/site-packages/pkg_resources.py", line 639, in resolve
    raise DistributionNotFound(req)
pkg_resources.DistributionNotFound: waitless

この場合はプロジェクトの作成からやり直してください。

ブラウザからPyramid見えるようにする

Vagrantの設定を変更して、ホスト側(windows側)からPyramidのローカル環境を見れるようにします。 以下をVagrantfileに追記します。

config.vm.network :forwarded_port, guest: 6543, host: 6543

上記の設定ではguestがVM上のポートで、hostの方がホスト側のポートです。設定を追記したらVMを立ち上げなおします。

$ vagrant halt
$ vagrant up

アクセスしてみる

では、ホスト側のPCからVM上のPyramidを確認してみましょう。ブラウザからlocalhost:6543にアクセスしてみてください。

Pyramid初期画面

以上です。

参考