Jekyllをアップグレードしました(後編)

私のローカルが1.4のままだったのでアップグレードしました。が、Ruby1.9の環境ではうまくいかず、仕方ないのでRuby2.0の環境を整備してインストールします。実質、Ruby2.0の環境にJekyllをインストールするのと同じことをやっています。

前編はこちら
Jekyllをアップグレードしました(前編)

Rubyの環境整備はこちら
Windowsに複数のRuby環境をインストールする

環境

  • Windows8 64bit
  • Ruby Ver.2.0.0
  • Jekyll Ver.1.4.2

Jekyllインストール

まずJekyllが既にインストールされていないか確認。

$ gem list
*** LOCAL GEMS ***
bigdecimal (1.2.0)
io-console (0.4.2)
json (1.7.7)
minitest (4.3.2)
psych (2.0.0)
rake (0.9.6)
rdoc (4.0.0)
test-unit (2.0.0.0)

ないですね。じゃ、インストールします。

$ gem install jekyll

無事にインストール完了しました。 試しにgem listしてみます。

$ gem list
*** LOCAL GEMS ***

bigdecimal (1.2.0)
blankslate (2.1.2.4)
bundle (0.0.1)
bundler (1.7.2)
celluloid (0.16.0, 0.16.0.pre2)
chunky_png (1.3.1)
classifier-reborn (2.0.1)
coffee-script (2.3.0)
coffee-script-source (1.8.0)
colorator (0.1)
compass (0.12.5)
execjs (2.2.1)
fast-stemmer (1.0.2)
ffi (1.9.3 x64-mingw32)
fssm (0.2.10)
hitimes (1.2.2)
io-console (0.4.2)
jekyll (2.3.0)
jekyll-coffeescript (1.0.1, 1.0.0)
jekyll-gist (1.1.0)
jekyll-paginate (1.0.0)
jekyll-sass-converter (1.2.1, 1.2.0)
jekyll-watch (1.1.1, 1.1.0)
json (1.7.7)
kramdown (1.4.1)
liquid (2.6.1)
listen (2.7.9)
mercenary (0.3.4)
minitest (4.3.2)
parslet (1.5.0)
posix-spawn (0.3.9, 0.3.6)
psych (2.0.0)
pygments.rb (0.6.0, 0.5.0)
rake (0.9.6)
rb-fsevent (0.9.4)
rb-inotify (0.9.5, 0.9.3)
rdoc (4.0.0)
redcarpet (3.1.2)
rouge (1.6.2)
safe_yaml (1.0.3)
sass (3.4.3, 3.2.19)
test-unit (2.0.0.0)
timers (4.0.0, 3.0.1)
toml (0.1.1)
wdm (0.1.0)
yajl-ruby (1.1.0)

たくさん入ったなぁ・・。

Jekyllを起動してみる

インストールが完了したので早速サーバー立ち上げてみます。

$ jekyll serve --watch

すると以下のようなメッセージが。

  Please add the following to your Gemfile to avoid polling for changes:
    require 'rbconfig'
    if RbConfig::CONFIG['target_os'] =~ /mswin|mingw|cygwin/i
      gem 'wdm', '>= 0.1.0'
    end

と言っています。言われた通りGemファイルに以下の記述しておきます(前回記述しておきましたが)。

require 'rbconfig'
if RbConfig::CONFIG['target_os'] =~ /mswin|mingw|cygwin/i
  gem 'wdm', '>= 0.1.0'
end

一回止めて再起動。

$ jekyll serve --watch
Configuration file: C:/.../_config.yml
            Source: C:/...
       Destination: C:/.../_site
      Generating...
                    done.
 Auto-regeneration: enabled for 'C:/....'
Configuration file: C:/..../_config.yml
    Server address: http://0.0.0.0:4000/
  Server running... press ctrl-c to stop.

特にエラーもなく上手く動作しているようです。

結局Rubyのバージョンを上げたら、無事にJekyllのアップグレードもできた、という何とも言えない解決でした。